2022年10月21日

前期の内申点について

この時期は、前期の内申点が発表される中3生にとっては特に大切な時期です。
毎年生徒さん達から成績を伝えられるとき、秘かに私たちもドキドキしています(笑)

そんな中、今年は喜ばしいことに5科の内申点が一気に4点も上がった生徒がいてびっくりしました。
さらに、その生徒は、他の4科でも素点で3も上がりました。9科中7教科アップは素晴らしいです!!
5科の勉強の頑張りが、他の教科にも良い影響を与えたのだと思います。
他にも、5科の内申点が3点上がった生徒が数名いました。
皆さんの頑張りが数値となって表れるのは本当にうれしいです。
ただ、中には中間・期末テストで両方とも80点以上であるにも関わらず成績に3がついた方がいらっしゃるなど、どうしても疑問に思ってしまうことがありますが・・・。

内申点が上がった人は、この頑張りをもう数か月持続してくださいね!
そして、残念ながら成績が思ったように伸びなかった人は、ぜひ後期に挽回できるように頑張りましょう!

今回の内申点と後期の中間の成績を加味して、私立高校の推薦と併願優遇が決まります。
今年度入試で注意したいのは、昨年の入学者が非常に多かった桜丘高等学校の基準が大きく変わったことです。
特に、キャリアデザインコースに併願優遇がなくなったのは大きな変化です。
他にもいくつかの学校が推薦、併願優遇基準を変更していますので、受験生の皆さんも自分の志望校の基準を再度自らしっかりとチェックしてください。

さぁいよいよ後半のスタート!
これから数か月の頑張りが、皆さんの将来を変えるかもしれません!!
posted by 江北学習塾 at 23:03| 日記

2022年09月12日

すこし重い話ですが・・・

今年も例年通り忙しく過ごした夏期講習とテスト対策も終え、先日から日常のカリキュラムに戻りました。
前回のブログにも書きましたが、夏期講習の1ヶ月半は受験生にとっては本当に大事な時期ですので、受験学年の塾生の皆さんにとって充実した1ヶ月半であったことを心より願います。

さて、先日、新木場の夢の島公園にある「第五福竜丸 展示館」に行ってきました。

1954年、アメリカの核実験により、ビキニ環礁で第五福竜丸が「死の灰」を浴び、久保山愛吉さんが亡くなられた事件で有名な、第五福竜丸です。

そこに展示されている事件の経緯を見て、自分がかなり思い違いをしていたことを知りました。
私は「死の灰」を浴びたのは、第五福竜丸だけであると勝手に決めつけていました。
しかし、実際には多くの漁船が死の灰を浴びており、被爆の影響で輸血を必要とした方が多くいらっしゃり、その輸血の際に使った針の使い回しが原因で、肝臓の病気でもっと多くの方が亡くなられたらしいとのことなどを初めて知りました。
そして何より、マーシャル諸島では、数多くの核実験の影響で、今でも帰れない人がいるという紛れもない事実がとても衝撃でした。

気分転換のつもりで訪問したのに、すこーーし気分が重くなった訪問でしたが、歴史を教える人間として、こういった歴史をみんなで共有することで、多くの人たちが核エネルギーや世界平和のあり方について考えるきっかけになるのではないかと思えた良い経験となりました。

いつか授業の中でも触れてみたいと思っています。

多くの塾生の皆さんにとっては、夏期講習と前期の期末テストが終わってひと息ついた頃かと思いますが、これから秋に向けても一緒に頑張りましょう!
posted by 江北学習塾 at 15:51| 日記

2022年08月03日

夏期講習の大切さ

今年の夏期講習も始まり早2週間が経ちました。
塾生の皆さんにはまるでオウムのようにいつも繰り返し言ってることですが、
「受験生にとってはこの夏が勝負」です。
今まで20年近くこの仕事に携わり、毎年に渡って受験生の夏を見てきた私の偽らざる本音です。

本当にこの夏の過ごし方で来年の受験が左右されますし、今後の皆さんの人生にも大きく影響することが多いようです。

一日のほとんどを自由に使えるこの夏休みの約1ヶ月半で、多くの受験生に実に大きな変化が起こります。
それは学力についてもいえますし、精神面についてもいえます。
学力がウナギ上りの様にグングン上がっていく生徒もいれば、精神的にグッと大人になっていく生徒も出てきます。
そして要注意なのは、その逆になってしまう生徒も多くいることです。

今まで勉強に本気で向き合ってこなかった人は、この1ヶ月半本気で取り組んでみてください。
偏差値を上げることが人生のすべてではないですし、良い学校に行くことが皆さんの人生を決定づけるわけではないです。

ただ、何かに真剣に取り組むことで皆さんの将来に大きな影響を与えることが実によくあります。
この夏、真剣に勉強に取り組むことで、その後の人生が良い方向に変わった人を私はたくさん見てきました。
江北学習塾に通ってくれてる皆さんのこれからの人生も絶対良くなって欲しいと強く思っています。

このような思いが強いので、少し厳しいことを言うこともあると思いますが、あと残り約1ヶ月、夏期講習を一緒に頑張りましょう!!
posted by 江北学習塾 at 11:34| 日記

2022年06月16日

近隣中学校の学校公開に参加してきました!

新型コロナの影響でしばらく開催されていなかった、近隣中学校の学校公開に、先週から今週にかけて参加してきました。

多くの塾生が私に気づいて、挨拶してくれました。
誰がどのクラスにいるかとか、次の授業の教室がどこかとか、案内してくれた塾生のみんな、ありがとう!

授業中なのに、ある生徒が私の姿を見て小さく手を振ってくれた時は、学校の先生に見られてはいないかと、ハラハラしてしまいました(笑)。

それにしても、生徒のみんなの休み時間の様子には驚きました。
塾での様子と全然違う(笑)!

今回行けなかった学校には、秋の学校公開の際にできる限りお邪魔したいと思っています。

塾では見られない塾生の様子が見られてうれしかったです!ありがとう!
posted by 江北学習塾 at 23:09| 日記

2022年05月28日

東京都現代美術館でゴジラから強烈な刺激を受けてきました

先日の休日に、木場にある東京都現代美術館で開催されている「特撮美術監督 井上泰幸展」に行ってきました。

井上泰幸さんは、ゴジラシリーズに代表される特撮映画の美術監督で、日本の映像史に重要な位置を占める「特撮(特殊撮影の略称)」領域に大きな足跡を遺した方です。若い世代の方々には、庵野秀明監督(「シン・ゴジラ」)や樋口真嗣監督(「シン・ウルトラマン」)ら、現在の特撮の最前線で活躍するクリエーターに多大な影響を与えた方といえば伝わりやすいかもしれません。

「なんか面白そうだな」くらいの軽い気持ちで展覧会に行ったのですが、とても大きな刺激を受けました。

まずは、展示されていたミニチュアセットやデザイン画などの、仕事の細かさに驚かされました。と、同時に、手作業で緻密な設計図・絵コンテを作っていたことを考えると、驚くほど時間をかけていたのではないかと思いました。
 「そろそろ夕飯に行こうか」と井上氏が言ったところ、「いや、井上さん、もう外明るいよ」という時間の経過に気づかないくらいの集中力があったという映像が流されていたのですが、妙に納得してしまいました。
私も抱えてる仕事に没頭しすぎて気づいたら朝になっていることがありますが・・・。

また、井上氏が58歳のときに使っていたノートが展示されていたのですが、取り組む仕事に対してすさまじいまでの勉強をしていることがわかるノートでした。58歳、その世界で確かな地位を確立した人の努力。自分の努力不足を痛感してしまいました。
さらに興味深かったのが、当時井上氏の努力を掻き立てるきっかけとなったのが、彼の父親の日記だったとのこと。父が医師試験に受かるまでの5年間、夜中の2時とかまで勉強していた、それを知ったら、「親父がそこまでやっているなら、やって当然なんだ」という気持ちが芽生えたとのこと。
このエピソードは、今の私にはとても響きました。生徒のみなさんをやる気を引き出すためには、まずは私が頑張らないと、と強く思った次第です。

まさか、こんな刺激を受けるとは思っておらず、予想をはるかに上回るとても良い訪問となりました。
展覧会は6月19日まで開催されていますので、興味のある方はぜひ!
posted by 江北学習塾 at 00:08| 日記